闇金が取り立てを諦める方法

闇金、被害、逃げる

闇金業者からの取り立てに苦しんでいるにもかかわらず、その場をしのげたら体勢を立て直せると考えていて、自己破産はせずに後でまとまったお金が入ってくるから大丈夫と考えている人がたくさんいます。

 

ですが自分自身は冷静なつもりかもしれませんが、このようなことは周りから見ればとても理解できない状態に陥っています。

 

闇金業者は法外な利息を取る違法な業者ですから、とても一人で太刀打ちできるものではありません。取り立ての電話がはじめは携帯電話にかかっていたとしても、そのうちに親兄弟や親せきに会社などその影響は拡大していく一方です。

 

このように精神的にもかなりストレスがたまり、どうしようもなくなる前に、闇金業者が取り立てを諦める方法を知っておくことが賢明です。

 

警察? or 弁護士?

 

まず思いつくものに警察がありますが、闇金業者から暴力を受けたりしない限りこれといった対処をしてもらえないのが現状です。取り立てに関する法律は厳しくなっているので、闇金業者側も法に触れないように借金を回収しようとするため、警察としては動きにくいのです。

 

だからといって何も打つ手がないわけではありません。

 

闇金業者の取り立てに戦う手段として有効なものは、やはり法律なのです。それは、弁護士や司法書士に債務整理の相談をした時点で取り立てを行うことができなくなるというものです。

 

弁護士や司法書士などの専門家に相談すると、受任通知が闇金業者に送られ、その日から取り立てがぴたりとなくなり、諦めさせることができます。