闇金被害から逃げる簡単で安全な方法を絶対見て下さい!

自己破産後に闇金から連絡がきたのはなぜか

闇金、被害、逃げる

自己破産をすると、闇金からダイレクトメールが届くことがよくあります。自己破産後はしばらくローンも組めず、もちろん普通の消費者金融のカードローンやキャッシングも利用できませんので、お金を借りたいと思っている人は引っ掛かってしまうことがあります。

 

ブラックの人もOK、自己破産直後の人でも貸します、などと書かれていると、怪しい業者だと分かっていても、誘惑に負けてしまうのでしょう。

 

しかし、このような誘いに乗ってはいけません。一度自己破産をすると、最低でも7年程度は二度目の自己破産はできず、仮に7年以上経過していたとしても、簡単には免責が認められません。

 

闇金の厳しく脅迫的な取り立てに追い詰められることになるでしょう。

 

 

自己破産後に闇金業者から連絡がくる理由

なぜ自己破産後、闇金業者から連絡がくるのか、ご存じでしょうか。答えは簡単です。

 

自己破産をした人の名前と住所が官報という新聞のようなものに掲載されるからです。官報は誰でも見ることができ、インターネットでも閲覧することができます。

 

つまり、誰でも無料で最近自己破産をした人の名前と住所を知ることができる、ということになります。過去に遡って見る場合は有料になりますが、過去30日以内に破産した人の情報は無料で見ることができます。

 

一般の人は、官報など見ることはないでしょうが、闇金業者にとっては格好の情報源になります。

 

普通の消費者金融でお金を借りられる人は、闇金で借りたりはしません。どこからも借りられないいわゆるブラックだからこそ、金利が高いと思っても借りようと考えます。

 

闇金業者にとって官報は簡単にカモを見つけられる便利な情報源です。

 

自己破産をした人は、反省し、二度と借金などしないと固く誓うでしょう。普通なら闇金になど手を出さないはずです。しかし、そもそも計画的にお金を管理できない素質を持った人ですので、甘い言葉に騙されてしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、相手は法律など通用しない輩です。身ぐるみを剥がされるのがオチですから、絶対に手を出してはいけません。

 

 

もし闇金を利用してしまったら

闇金、被害、逃げる

闇金を利用してしまって、返済も済みそれでなにもないというのであれば特別何かをするという必要はありません。

 

払い過ぎたお金を取り返したいといった事情があれば、弁護士などに相談をするという方法もありますが二度と闇金とは関わりを持ちたくないというのであれば、戻ってきうるお金がそれほど多くない場合そのままにしておくのも悪いものではありません。

 

問題は現在進行形でお金を借りていて、返済に苦しんでいるという場合です。

 

 

返済に苦しんでいるという場合

お金に困った状況で、暴利の場所から借りているだけにこのような状況になると一体どうして良いのかわからなくなってしまうものですが、このようなケースこそまず誰かに相談をする所からはじめましょう。

 

借金の悩みというのは誰かに打ち明けにくいものですが、相手はそれを知った上で追い込みをかけてくるので解決策を一緒に考えてくれる人を探して相談をすることが大切です。

 

単純な金策であれば嫌がられてしまうこともあるものですが、どうしたら良いのかということであれば相談に乗ってくれる友人知人はたくさんいるものですから、相談をしてみて損はありません。

 

誰かに打ち明けただけでも楽になるものですし、解決のきっかけが見つかることもあります。

 

一番効果的なのが闇金を利用中こそ弁護士などの法律の専門家に相談をするという方法で、具体的な解決をするためのアドバイスを貰うことができるので問題解決の近道となります。

 

費用を心配するかもしれませんが、無料の借金相談というのはあちこちで行っていますから話を聞いてもらうだけでも、価値が有るものです。

 

友人知人に相談をするだけでも楽になるところが、具体的なアドバイスをしてもらうことが出来る弁護士であればなおさらのこと解決が見えてきますから、弁護士などに相談をするということが一番効果的な方法になります。

 

闇金を利用してしまった時には、ひとりで悩まずにまずは誰かに相談をする所からはじめるのが一番です。