闇金被害から逃げる簡単で安全な方法を絶対見て下さい!

利子相場はどのくらい

闇金、被害、逃げる

闇金の利子はどれくらいか知っているでしょうか。少し前までは、トイチという言葉がありました。このトイチというのが、法外な暴利場合、10日後には1割の利子をつけて返すということです。

 

10万円借りたのであれば、10日後に1万円の利子をつけて11万円にして返すことになります。

 

どうでしょうか。

 

意外と、それほど法外な暴利ではないのではと感じたかもしれません。確かに高いことは高い利子だが、払えなくなるほどではないと思ったかもしれません。ところが、これは真っ当な借金、カードローンなどの利子と比べるとすさまじい暴利なのです。

 

 

カードローンなどの場合

カードローンなどの場合、利子の上限はだいたい年に20%程度です。10万借りたら、1年後にはその20%つまり2万円の利子が生じ、12万円にして返さなければなりません。

 

どうでしょうか。まだよくわからないかもしれませんが、1年で20%ということは、10日では0.5%強にすぎないのです。10万円の0.5%は500円です。つまり、カードローンでは、10万借りて10日後に返せば10万500円を返すだけです。

 

これで、闇金がどれだけ法外な暴利をむさぼっているか、見えてきたはずです。利子は、カードローンの500円に対して闇金は1万円、実に20倍です。恐るべき暴利であることが数字からも分かるのです。

 

 

トイチはまだまだ優しいほう?

ところがなんと、最近ではトイチはまだまだ優しいほうなのです。

 

そんな用語が実際にあるのかはさておいて、トサンやトゴに当たる、10日後に3割、あるいは10日後に5割というような利子を要求する闇金も珍しくはありません。

 

はっきり言って、こんな利子は、たとえ返したくても返せません。借りた10万円が1年後にはいくらになるか、数字に強い人はちょっと計算してみて下さい。

 

ともかく、こういう暴利なのですから、闇金には手を出さないのが一番です。もしかかわってしまったのなら、自分ひとりでの解決は困難です。早めに相談しましょう。