闇金被害 職場への嫌がらせ電話

闇金から職場への嫌がらせ電話はどう対処すればよい?

闇金、被害、逃げる

闇金を利用しても返済が出来ているのであればおおよそのところは何もしてきません。

 

下手な嫌がらせをして警察に相談されれば業者側にとっても面倒になりますし、弁護士を呼ばれでもすれば大きなトラブルになってしまいます。

 

そのためどこも基本的には返済をしてくれているかぎりはわざわざ面倒な嫌がらせもしてこないのですが、しかし問題となるのは「闇金は返済が出来ない」ということです。

 

 

闇金は返済が出来なくなると

もちろん最初のうちは元本にもよりますが大した返済額でもありません。それであれば返済が出来るということで良い気になってしまう人が少なくないのですが、返済が長引くうちに少しだけ返済が滞るということはよくあります。

 

その少しだけ滞るということが発生してしまうと闇金業者は「もうそろそろ返済が出来なくなるな」と判断して回収できるだけ回収しようとするため、一気に激しい取り立てに入り始めるのです。

 

そうなってしまえば、後はもうさまざまな嫌がらせを受けることになってしまいます。

 

さて、そうした嫌がらせの中で職場に来ることは無いのかというのはよく心配されることなのですが、これについては最近だとかなり減ってきています。

 

かつてであればまだ規制が甘かった部分があったためにそうした職場へ来るといったこともあったのですが、現在は闇金に対してもかなり厳しい対処が取られるようになりました。

 

そこで職場に殴りこむなどのことをすれば威力業務妨害や脅迫罪などで逮捕されてしまうことがありますから、業者側としてもそうした荒っぽいことはしてこないのです。

 

 

電話による嫌がらせ

ただ電話による嫌がらせについては現在でも少々あり、特に受付に対して「お前のところの社員がうちから金を借りたのに返さないから困っているんだ」などのように暴言を言い、それで本来関係なかったはずの電話を取った人の心が病んでいくことがあります。

 

そうなってしまえばお金を返すかどうかどころの話では無くなってしまいますから、実際のところ直接殴りこんでくるよりも厄介だと言えるでしょう。

 

ではこういった被害から身を守るにはどうすれば良いのかと言うと、もちろん一番良いのはそもそも闇金など利用しないことです。一応押し貸しという手口もあるにはあるのですが、おおよその闇金は貸してほしいと言いださない限りお金を貸すことはありません。

 

それであればそもそも何の関係も無い赤の他人でいられるわけですから、利用せずに他人のままでいるのが一番良い対策になります。

 

 

もし利用してしまった場合

しかしもし利用してしまった場合には、職場にいやがらせが来るよりも先に弁護士に相談をするべきでしょう。

 

弁護士に相談をしておけば業者側も「あまり強気に出ると弁護士に法的な対処をされてしまう」という警戒心が生じ、素人しかいないようなレベルの低い所でなければ何もできなくなります。

 

弁護士に依頼をすればこうしたトラブルの大半は解決することになりますから、もし知らずに利用してしまったなどの場合にはすぐに弁護士に相談するようにしてください。