闇金被害から逃げる 攻略方法

闇金を攻略する方法

闇金、被害、逃げる

闇金で困った場合で自分で対処しきれない場合には、専門家に依頼して問題解決をしてもうらしかありません。

 

自分で当該問題を解決できるのであれば自分で対処し、
自分のみで当該問題を解決できない場合には有料で費用はかかりますが、
弁護士等の専門家に依頼するという流れの方が得策です。

 

 

自分で解決できる場合

というのも、闇金業者も最近は素人も参入してきているので、素人の場合には自分で解決できる場合もあるので、必ずしも、専門家に依頼する必要はありません。

 

まず、自分でできる事は、2008年6月10日の最高裁の判決で、闇金からの借り入れは元本含めて一切返済する義務がないという判決が出ているので、借りたお金は一切返しません(返す気がないのであれば)と相手に強気で言う事です。

 

また、それでも、相手が借りたお金を返せというのであれば、それは、刑罰法規の罪に該当し、強要罪もしくは、脅迫罪に該当します。

 

従って、これ以上のあなたの行為は罪になりますので、これ以上の強要行為・強迫行為は止めてくださいという事です。

 

更に、当該事案について警察に相談しています(相談予定)だと相手に言えば、自分でできる部分は終わります。

 

この事は弁護士が使用している理論なので、言う人が違うだけで、相手に対する効力は同じです。

 

 

ここまでやってダメなら

ここまでで、相手が、取り立てを止めれば良いですが、取り立てを止めなければ、弁護士に相談する必要があります。

 

当該事案においての専門家です。自分の現状を包み隠さず弁護士に相談します。それだけで解決します。

 

弁護士が使用する闇金相手の理論は先に述べました2008年6月10日等の判例により、

 

貴殿(貴社)にお金を返す義務は依頼者にはありません。従って、今後、依頼者に対する金銭の利息はもとより、当該貴殿の貸し付けた元本・損害金がある場合には損害金・その他一切の請求の取り立ては止めてください。何かあれば私的代理人である当方に言ってください

 

と相手に言うだけです。

 

直接口頭で言う場合もありますし、電話で言う場合・内容証明を使用する場合等がありますが、言う事(伝える事)は同じです。

 

 

正式に依頼すれば

専門家に言えば(正式に依頼すれば)、後は、全部専門家が行います。

 

依頼者に相手が直接来た場合には、相手に専門家に当該事案についての対応は全部任せているので、専門家と話して下さいというだけで済みます。

 

また、相手が自分の所に来た場合には自分が依頼している先生に相談しましょう。他に当該事案について困っている場合があれば依頼している先生に全部相談しましょう。

 

私的代理人というのはその為の代理人になります。

 

 

証拠の保存

更に、相手が違法行為を行った場合には、証拠を取りましょう。

 

スマホ等で音声の録音・録画等でも十分です。
また、あった事は日記(メモ)等に残しましょう。
相手との交渉材料や裁判の際の証拠になる場合があります。

 

但し、危険を感じた場合には、無理してそれらを行う必要はありません。相手も闇金なので何をしてくるか分かりません。

 

以上が、闇金攻略方法です。
困った場合には弁護士に相談すると良いです。