闇金被害から逃げる

闇金の利息は交渉できる?平均相場は?

闇金、被害、逃げる

利息制限法が施行されて消費者金融や、クレジット会社の貸出金利が随分と低くなりました。

 

それに合わせて総量規制も行われてこれらの業者で借り入れを行うときには、一定の金額以上のお金の借り入れは制限されるようになっています。

 

お金が必要な人にとって、これらの制限があることで、借り入れの審査に落ちてしまう人も多く、どうしても借り入れをしたい人は闇金から借りてしまうことも少なくはありません。

 

 

利息制限法についても無視して貸出

闇金は貸金業の登録をしていない業者が多く、利息制限法についても無視して貸出を行っている業者です。利息制限法に基づいた金利以上の金利でお金を貸し出しています。

 

以前は東郷さんと言って10日で3割あるいは5割で貸し出しを行う業者が多くいました。

 

現在は闇金の摘発が多くなっていて摘発を逃れて短期間で利益をだし、元金まで回収するために10日で5割の利息など低い金利の部類で、10日で10割つまり元金も含むと10日で元金分の金利をとる業者も存在しています。

 

お金が必要だという弱みに付け込む業者も多く、最初の貸し出しは少額で元金も回収できれば貸出金額を少し大きくするといった手法で、少ない元金で大きな利益を上げています。

 

儲かった利息分は暴力団などの反社会的勢力に流されていることがほとんどです。このような業者で長い間借りていれば、元金の数十倍数百倍のお金を支払わなければならなくなってしまいます。返済ができずに執拗な督促を受けている人たちも多くいます。

 

 

司法の判断では

その一方で司法の判断では、犯罪と認識しながら闇金などの事業を行って不当な利益を得た時には、債務者である借り入れを行った人は、元金も含めて利息も返済しなくてもよいという判断が下されています。

 

ですからこれらの業者から借り入れたお金は返済する義務もなく、元金でさえも返す必要はありません。

 

日本にはこれらの業者に対応してくれる、専門の弁護士がいます。日夜続く督促や、嫌がらせ等弁護士に相談することできっちりと解決することができます。

 

犯罪を行っている業者の場合は、返済口座を凍結してしまうこともできますし、裁判になったとしても勝ち目は借りている人にあり、そもそも不当な利益を得るために営業を行っている業者ですので、業者側から裁判の申し立てを行うということは皆無です。

 

ですから闇金で困っている人がいれば、すぐに専門の弁護士に相談してください。

 

いろいろな経験や解決の仕方を熟知していますので解決も早くなります。またこれらの業者は摘発される前に、そのことがわかるとすぐに事務所などの拠点施設を変えてしまいます。

 

弁護士もそのようなことは熟知していますので、確実な対応をしてくれます。これらの業者に無理をして返済をしようとして、生活の困窮ばかりでなく命をも落としてしまう人もいます。お金の問題は必ず解決ができる問題です。

 

闇金だから解決ができないだろうとあきらめずに、専門の弁護士に相談することで、明るい未来が必ず見えてきます。安心してください。