闇金から逃げる

嫌がらせ対策方法

闇金、被害、逃げる

闇金は法律など関係なく高い金利の貸し付けをして、悪質な取り立てを何度も行います。

 

さらにいろいろと理由をつけては完済を拒否し続けたまま、借りてもいないお金を返せと請求したうえで、理不尽な嫌がらせをしてきます。

 

そんな闇金の嫌がらせを止めるただひとつの対策方法は、

 

闇金対策のプロフェッショナルに相談することです。

 

闇金とはもともと法律に違反した高い金利でお金を貸し付けているため、過去の裁判所の事例を見ても、消費者は違法行為を行っている闇金に対して、借りたお金の金利だけではなく、元金も返さなくてもよいという判決が下されています。

 

ですが現実は、違法行為をしているから返済する必要はないと言ったとしても逆上してくるだけで、さらに嫌がらせがエスカレートしかねません。

 

このような傍若無人な闇金の嫌がらせ対策は、警察に通報する、弁護士に相談する、口座を封鎖するといったことが有効です。

 

違法に高い金利での貸し付けは違法ですから犯罪ですから、警察が本気で捜査をすれば必ず一網打尽にできます。しかし被害者が多くなかなか手が回らないのが現状です。

 

口座を封鎖するとお金の受け取りができないため少し効き目がありますが、もともとの口座が架空であるため決定的な打撃を与えることはできません。

 

一番有効な手段は、闇金対策の実績を多く持つ法律のプロフェッショナルに相談することです。まずは今の現状を話せば、何をどうすれば最良の結果となるのかを一緒に考えてくれます。