電話対応方法

闇金、被害、逃げる

闇金業者は暴利な高金利のため、債務者はいずれ支払いができなくなってきます。闇金業者は支払えないことがわかると、ほとんど人間ではないような取り立てをしてきます。

 

では、闇金は債務者にいったいどのような電話をかけてくるのかというと、はじめの一回や二回ぐらいは普通の催促で済むのですが、

 

段々と暴言のオンパレードとなってきます。

 

そして必要以上に一日に数百件もの電話をかけてきては、怒鳴り散らしたり脅迫するような内容になってきます。

 

例えば、子供の学校まで行くからなとか、知り合いに話すぞなどといい、携帯にかかっていたものが自宅の固定電話や職場そして親せきの家にまで電話をかけてくるようになります。

 

債務者は自暴自棄になったり、これが原因で会社を辞めることになり引っ越しをしなければならなくなる場合もあります最悪の結果になる前に、闇金からの電話への正しい対処方法を知っておくべきです。

 

それは、

  1. 警察に相談する
  2. 弁護士事務所に相談する
  3. 司法書士事務所に相談す
  4. 闇金救済機関に相談する

ということが考えられます。

 

警察の場合は民事不介入となっているので、警告はしてくれますが闇金からの電話が一切なくなる保証はありません。そのため、債務者自身が何とか解決できる自信があるのなら、警察の生活安全課が相談にのってくれます。

 

ひどい電話対応を完璧にやめさせ、借金の返済にもきちんと対応してくれることを望むなら、弁護士か司法書士への相談が最適です。