弁護士相談費用はどの程度

闇金、被害、逃げる

非合法の貸金である闇金についてのトラブルを弁護士に相談して被害金を返還させて示談に持ち込むのに必要な費用は、1件につき3〜5万円程度が相場です。ただし、

 

初回の相談費用は無料で応じてもらえる場合がほとんどです。

 

 

初期費用がかからない理由

 

闇金トラブルでは弁護士に支払う報酬として依頼者(被害者)が最初に依頼費用を準備する必要がありません。

 

この理由は、法律上闇金業者は利息のみならず元金の返済を受けても違法行為となるので、これまでに被害者が闇金業者に返済した(支払った)元金も返還するように求めることができるからです。

 

闇金は刑法犯罪なので弁護士が警察に告発することも可能です。闇金の罰則は10年以下の懲役で個人は3000万円以下の罰金(業者は1億円以下の罰金)で、被害金額や件数が大きければ初犯でも懲役刑となる場合があります。

 

もしも警察に検挙されて起訴されるようなことがあれば懲役の実刑を受ける可能性が高く、闇金業者は何とか示談で済まそうとするので被害者から受け取った元利金の返還に素直に応じる場合がほとんどです。

 

弁護士は業者に対して元利金の全額または一部を返還させることで和解に持ち込もうとします。このような事情で弁護士が受け取る報酬は業者に返還させたお金の一部で賄うことができ、初期費用が無料で相談に応じてもらえるのです。

 

依頼者は初期費用を用意せずに弁護士に依頼を行い、業者に返還させたお金から依頼費用が差し引かれた残りを受け取ることができるのです。