闇金が返済させてくれない対応方法

闇金、被害、逃げる

借りるときは大きな問題もなく簡単にお金を貸してくれる闇金ですが、返済をするときには問題が多々発生することが多く、その中でよくある事例が、

 

完済したいのに支払いを拒否され返済させてくれない
というものです。

 

闇金業者が返済させない理由として、お金が取れるところからは徹底的に搾り取るということが基本にあるためといえます。

 

悪質な返済させない手口

 

返済させない手口として、債務者が仕事の合間を縫って闇金業者に返済をしたいと電話をすると、相手は午前中しか受け付けられないからとりあえず今回は利息分のみ払えといってきます。

 

そんなことは聞いていないと抗議をしても受け付けてもらえず、その場はいったん諦めて、翌日また電話をしますが、今度は担当者が不在でわからないといわれてしまいます。

 

こうやってズルズルといつまでも返済できず、闇金という深みにはまってしまいます。

 

支払いをするときは事前連絡が必要だとか、わざと間違った口座番号を教えて振り込みをさせなかったり、指定の時間に連絡しても電話がつながらないなどあの手この手で返済させない手口があり、この間に借金は雪だるま方式で膨らんでいきます。

 

極めて悪質な手口で、闇金業者との取引からは何も得られるものはありません。このように闇金業者が意図的に返済させてくれない場合は、弁護士に相談するしかありません。

 

闇金問題に強い弁護士は、借金で困っている人の味方になってくれ、最後までしっかりと相談に乗ってくれます。