債権整理の基礎知識:闇金には元金もかえす必要なし?

闇金、被害、逃げる

多重ローン等で、、債権整理を考えている方に知っておいて頂きたいことがあります。

 

司法書士や弁護士を通して行う任意整理や個人再生、自己破産等の手続きがあります。

 

それに関して、借金の額や返済について交渉する相手というのは、あくまでも合法的な営業をしている金融会社のことです。

 

非合法な金融業者、いわゆる「闇金」というものは、営業そのもの、存在そのものが違法であって、交渉するべき相手ではないのです。

 

非合法な金融業者から借り入れてしまったら

 

はじめから闇金と分かっていてお金を借りてしまう人は、以前にも債権整理を行ったことがあり、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまったことから、一般的な金融機関や消費者金融からお金を借り入れる事が出来なくなってしまった方がほとんどです。

 

中には闇金と知らずにお金を借りたところ、法外な支払いを要求され、それを支払っても更に理由を付けて、ヤクザまがいの乱暴な手口で取り立てをされるという方もいます。

 

もし、債権整理の前に相手が闇金と分かった場合は、

 

一切返済に応じる必要はありません。

 

もちろん元本についてもです。

 

相手は出資法違反の高利貸しをなりわいとしているので、存在自体が違法です。しつこく電話や取り立てがあるので、はっきりと「払いません」と伝えます。

 

もちろん相手は簡単には引き下がらず、さらに乱暴な取り立てをしてくるかもしれません。そういった場合には弁護士や警察に相談しているとカマをかけてみます。

 

それでも会社や自宅にしつこく電話がくるようであれば、本当に弁護士に相談して下さい。料金が2万円程かかりますが、確実に取り立ては終わります。