借金の時効は通用する?

闇金に借金の時効は通用しません。…というよりも、そもそも借金の時効という概念すら無いのです。闇金業者は国や地方自治体に正式な届出も出さずに営業していますので、その実態は貸金業者として体を成していない悪質業者です。正式に貸金業者として認められていませんから、正規貸金業者で借り入れをした際の消滅時効5年などは該当しないと考えられます。借金の時効は銀行や消費者金融などの貸金業を営む所で借りた場合は5年、個人の借金や公庫・信用金庫で借りた借金は10年で時効となります。闇金業者で借りた借金で無理矢理時効をこじつけるのであれば個人間の借金として10年が妥当という事になります。しかし闇金は利息制限法や出資法に違反した超高金利で利用者に貸付を行っていて暴利を貪り、その悪質性は非常に高いため、様々な法律違反に抵触します。結局闇金からの借金に関しては不法原因給付や公序良俗違反といった法律違反が適用されますので、そもそも契約自体が無効となり、よって時効という概念も無くなります。また、闇金を利用した際に融資された元金に関しても、悪質性が高い業者の借金は元金すら返済しなくて良いという過去の最高裁の判例から見てもほとんどの闇金業者がこれに当てはまるため返済する必要が無く、支払った利息については返還請求をする事で全額回収する事が可能です。上記のように、正規金融業者・個人間・公庫・信用金庫などからの借金とは違い、5年や10年の時効を待たずとも闇金などの悪質業者との借金に関する契約は無効となりますので、時効も契約も支払いも無かった事になります。また、支払いを迫られても本来なら支払いをする義務すら生じません。ですが闇金は法律を全く無視して営業している悪質性の高い業者ですから、債務者が支払いをしない事がわかればありとあらゆる手段で嫌がらせとひどい督促を行ってきます。これに自分一人の力で対抗していくにはリスクが非常に高く、周囲の人間まで巻き込んで大変な苦労が強いられてしまいます。そのため中には闇金からの取り立てに耐えがたくなり、逃げて時効になるまで待とうとする人がいますが、そもそも時効は存在しない上に、たとえあったとしても闇金が法律で決められた時効を守るはずがありません。延々と闇金業者につきまとわれる羽目になりますので、闇金の被害に遭ったらできるだけ早いうちに弁護士に依頼して問題解決をしましょう。法律を守らない闇金業者に法律に則って対処する弁護士ではいかにも矛盾しているように感じますが、個人がいくら法律では…。などと説いた所で効果が無くても、きちんとした法律の知識を持ったプロが対処をすれば闇金業者の大半が途端におとなしくなります。弁護士の中には闇金の手口を知り尽くし、それに対応する事に優れている人が存在します。そういった弁護士はどうすれば闇金を効果的にやり込める事が出来るのかや、うまく闇金と話をつけて落としどころを作れるかなどをよく知っていますし、警察と深いつながりのある弁護士も多いです。そのためそういった弁護士に依頼出来れば、弁護士側が徹底的に口座凍結・被害金額の返還請求などまで行ってくれるため、闇金絡みの問題を抱えている人達にとって非常に心強い存在となります。闇金問題を根本的に解決して平穏な日常と被害金額を取り戻すためには、弁護士選びが非常に大切です。闇金問題を解決するためには、上記で挙げたような闇金問題に関する知識をしっかりと持った弁護士に依頼しなければなりません。弁護士の多くは闇金問題を解決した実績やスキルを持ち合わせていないといった実情があります。これは闇金などの悪質業者から身を守る術や人脈を持っていなかったり、あまり闇金の手口に詳しくない場合があるからです。全ての弁護士が闇金と対峙できるわけでなないという事になります。闇金専門や、闇金案件を取り扱っていて、できれば複数の弁護士がいるような法律事務所を選ぶのが理想的です。こういった弁護士事務所にはDule法律事務所やアディーレ法律事務所などがネットで検索するとよく出てきますが、この他にもウイズユー司法書士事務所なども有名ですので、被害金額が少ないのであればウイズユーへの相談を検討するのも良いでしょう。闇金問題で弁護士に依頼した時点での状況は人それぞれです。闇金を利用した後に闇金だと気付いたけど、まだ被害金額がほとんど無い人もいれば、長々と支払いをしてしまって数百万単位の被害金額が出ている人もいます。被害金額を取り戻せるかどうかについては依頼する弁護士の手腕と運次第と言えます。依頼者が利用していた闇金が狡猾な所だと、弁護士が介入した途端に資金を回収して雲隠れする事もあります。また、弁護士の交渉力が弱かったり強さに欠けるところに依頼してしまうと、交渉が弱腰になり、元金のみは返済しなければならなくなったり、これ以上接触しない代わりに今まで支払った被害金額は諦めるようにという結果に終わる場合もあります。闇金のような違法業者を相手にするとなると、被害金額の回収や問題解決に苦戦する事も考えられます。できるだけ強気に交渉・手続きをしてくれる弁護士を探す事と、被害金額がそれほど大きくないうちに思い切って行動に移す事が非常に大切なのです。