個人情報を消す方法は

闇金は違法ででたらめな営業をしているくせに、顧客リストなどで利用者の個人情報に関してだけはしっかりと管理している所も多いです。そしてこれをしっかり管理しているのには理由があります。後々「カモリスト」として他の業者に利用者の個人情報を転売するためです。そして、闇金業者が転売するのは他の闇の業者たちですから、一度でも個人情報を他所に流されてしまうと、もう個人情報の流出に歯止めがきかなくなります。もし闇金を利用した際に、しばらくしてから他の闇金や詐欺業者などから頻繁に電話があったり、ダイレクトメールなどが届くようになった場合には、利用している闇金から個人情報が転売されたり流出してしまったと考えた方が良いでしょう。これは時に闇金だけではなく、闇金の入り口となっているマイナーな小規模・零細消費者金融でも行われています。もしも個人情報が様々な闇金業者などに流れてしまうと、例え今利用している闇金業者とのトラブルを弁護士に解消してもらったとしても、他の業者からの連絡が時折入ることをストップさせる事はできません。そのため携帯番号を変えたりしなければならなくなりますし、家電の場合には詐欺防止機能付きの電話に買い替えたりするなどで対策するしかありません。闇金を利用した人の個人情報がリスト化された名簿は、闇の業者間で売買されて共有しています。個人情報保護法などといった法律はあっても、結局未だにどこから自分の情報を知ったのかわからない業者が家に営業の電話をかけてくる事があります。普通の事業者ですらこうなのですから、闇金などの違法業者が個人情報を守るわけもなく、良い「カモ」だと思われれば売買する名簿に載せられ、違法業者間に個人情報が出回るようになるのです。ですから基本的にこれが嫌なら闇金を利用しないというのが鉄則になりますし、余計なトラブルを呼び込まないための自衛手段となります。闇金を利用する人というのはお金に対する執着心がそれなりにある人も多いため、闇金以外の違法業者からも個人情報リストが購入されます。そして様々なおいしい話や物騒な話を持ちかけて詐欺が行われる可能性もあります。闇金の被害だけではなく、こういった二次被害につながりやすいのも特徴の一つです。また、その際に詐欺に引っかかった人はまたリスト化され、カモリストとして詐欺業者などに個人情報が渡り歩いていくのです。一度詐欺に引っかかった人は別の詐欺などにもひっかかりやすく、隙があると被害に遭ってしまう事が多いです。そのため、カモリストに載った人は詐欺業者などからもどんどんアプローチが来てしまいます。既に詐欺に遭っている人の場合は冷静な判断が出来なくなっているので深みにハマってしまう事も多く、気付いたらかなりの損害を受けていたというケースもあります。多数の闇金に流れた個人情報を削除するのは非常に困難ですが、わずかながら望みはあります。法律では本人の申し出があれば個人情報を削除してもらう事が出来ると定められていますし、第三者への情報提供を停止する事もできます。これを利用すればストップをかける事も可能かもしれません。しかし個人がこのような主張をしたところで闇金業者が聞くはずもありませんので、こういった個人情報の削除を得意としている弁護士に依頼する事をおすすめします。個人情報の削除に強い弁護士をネットで探して依頼すれば、それ以上の情報流出を抑える事ができる可能性はあります。ですが基本的に闇金に情報が洩れてしまったら、相手は違法業者ですから確実に個人情報流出を止めるのは難しいと考えて良いでしょう。日頃から詐欺や闇金の接触に注意を払い、何か問題が起きたら一度冷静に考え、ネット検索してみる癖を付けるようにしましょう。また、自分一人で解決が難しい問題が起きた時に相談できるように、あらかじめ悪質業者と対峙できるスキルを持った弁護士を探しておくなど、自分の身を守る自衛手段を考えておく事をおすすめします。また、リストを購入した詐欺業者が、悪質な業者にあなたの個人情報が漏れているといった事を知らせる電話などをしてくる事がありますが、こういった話を頭から信じないようにしましょう。中にはリストから個人情報を削除すると言って高額なお金を何度も巻き上げる詐欺グループが存在しているからです。もしも闇金を利用してしまった結果、他の闇金などからの営業電話がかかってくるようになった場合には、知らない番号には決して出ないようにする事が大切です。電話番号を変えたり、自分の知っている人の番号以外からの着信は拒否するなどして、出来るだけ違法業者からの接触をシャットアウト出来るようにするのが望ましいです。個人情報の削除がどうのこうのと言ってくる業者がいても無視し、必ずそういった件に関して相談する場合には、個人情報の削除などに詳しい弁護士に相談するようにしましょう。また、疑わしい話に関してはまず何はともあれ事実確認から始めましょう。