借金を滞納すると

闇金の借金を滞納すると、自分が思った以上の嫌がらせを受ける可能性があります。そしてその確率はかなり高いと言えるでしょう。借金をしている人の中には、プロミスやアイフルなどの正規消費者金融での借金を延滞し、督促を受けた事がある人も多い事でしょう。正規業者で融資を受けた借金を延滞した場合ならば、初期の頃は督促のハガキなどの郵便物と一日数回程度の督促の電話位しか来なかったりします。中には有名な銀行のカード会社でも法律のグレーな部分を突いて、家の訪問ではなく本人が帰宅したところを捕まえて今後の支払い方法などを話し合う所もあるみたいですが、そのような場合でも脅しや恫喝などは一切なく、ただ淡々と支払い条件などについて説明・話し合いがあるだけです。そして、ほとんどの所ではこのような訪問に近い事も無く、電話・郵便で督促が続いたあと、何の支払いも無かった場合には最終勧告状のようなものが届き、最終的に裁判所を通した通知が届くようになります。そしてそれでも支払いが無いと、いよいよ裁判を起こされて差し押さえをされてしまう事もあります。長期延滞状態になると大抵のカード会社や消費者金融ではカードが利用停止となり、延滞3ヶ月程度で強制解約となるパターンが多いです。その際、残っている借金残高については一括で請求が来てしまう事も多く、困り果ててしまう人が現れます。大抵この状態になった時にまずいと感じて弁護士に相談しにいく人が多く、その後に債務整理をする事になるパターンが王道です。しかし正規の金融業者の場合には、借り入れ→支払い→延滞→債務整理という過程において、自分の社会的地位や身の安全が脅かされるような事態はほとんど起こらないと考えて良いでしょう。家族や職場には、たとえ債務整理をしたとしてもうまくやればバレる可能性が非常に低いのです。借金が払えなくなったとしても法律の力で事務的に解決する事が可能なのです。しかし闇金の場合は違います。借金の利息の返済を延滞するようになると、その債務者の事情なんか全く考慮せずにありとあらゆる嫌がらせを始めます。そこに一切の配慮が無いのです。そのため借金をしていた事を周囲に秘密にしていても結局家族や職場にまでバレてしまう確率も高いですし、利息の支払いをするまでしつこい電話が鳴り響いたり職場訪問が続いたり、時間関係なく嫌がらせをされたりします。こういった嫌がらせはどんどんエスカレートしてしまう可能性がありますが、闇金業者の取り立ては非常に悪質で困った物が多いので債務者も精神的にどんどん追い詰められていきます。冷静な判断が出来なくなってしまう事も多いものです。ですがその状態をどうにか打破していかないと、ずっと闇金のような違法業者の良いカモにされてしまいます。このような闇金の被害にたまりかねた人の中は警察に相談する人もいますが、結局警察が動いてくれずに途方に暮れてしまう人も少なくありません。実は闇金絡みのトラブルを解決するためには、警察よりもまず先に闇金問題を解決する能力を持っている弁護士を探して相談する必要があります。その時点での闇金の被害状況は人それぞれですが、基本的に警察に相談すれば低い確率で業者を摘発してくれるという希望はあります。ですが闇金がたとえ摘発されたとしても、今まで自分が支払ってきた被害金額は取り戻せる可能性が著しく低くなってしまうのです。闇金とのトラブルを解消して支払いや督促・嫌がらせを止めさせ、今までの被害金額を返還請求するには弁護士に依頼するしかないのです。しかし弁護士に依頼をすると言っても、弁護士自体に闇金と交渉したり、手口に対応できるスキルが無ければ意味がありません。闇金絡みのトラブルに対応できる弁護士というのはわりと数が少なく、特に一人の弁護士しかいない個人の事務所などでは闇金絡みの依頼を受け付けていない事も多いです。闇金と渡り合っていく事が出来る経験とノウハウ・違法業者から身を守る術と人脈がある・闇金の手口を知り尽くしている…このような条件を揃えるのは意外と難しいのです。ですが最近ではネットでこのような弁護士を探し出す事も容易になってきています。最近の闇金は昔に比べて利息が数割高くなってきていますが、これは今までなら必要な情報源となるものが無かったので闇金の被害を甘んじて受けていた人が多かったですが、現在はネットの普及で闇金トラブルの対処方法など簡単に調べる事が出来るようになり、良いカモとなる人達が減ってきている事も理由の一つです。短期集中で巻き上げられる所から巻き上げて雲隠れという闇金も増えてきています。ネットで探すとDule、アディーレ・ウイズユーなど、闇金問題を扱っている事務所がいくつか見つかります。どちらかというと闇金問題は司法書士ではなく弁護士に依頼をする方が良いとされています。しかしどこの法律事務所で依頼するにしても、最終的には闇金問題を解決して支払いや嫌がらせ・接触が無くなり、払ってしまった利息を返還してもらう所までできるのが理想です。弁護士の中には闇金からの接触が無くなればそれで良いと思えという主義の所も結構多いため、相談の段階で返還請求までやってくれるのかどうかを確かめてから依頼をしなければなりません。また、一応覚悟しておかなければなりませんが、闇金業者は手口が非常に巧妙です。たとえ弁護士が非常にやる気満々であっても、業者によっては逃げ方が上手くて、払ったお金が戻って来ない可能性もあります。それは弁護士のせいではなく業者の逃げ方が上手かったという事になります。このようなケースもありますから、出来るだけ支払い額が少ないうちに弁護士に相談するようにしましょう。