闇金見分け方

闇金の種類は違っても、結局そのどれもが違法業者です。闇金は超高金利の利息を取っているのが特徴的ですが、その利息の種類にも闇金とは気付かないレベルの上限金利付近に設定しているものから、トイチ・トサン・トゴと呼ばれるような10日に1〜5割程度の利息を取るものまで様々です。最近では普通の闇金よりも低い利率で貸付を行っているソフト闇金なんてものまで存在します。時代に応じてあの手この手で手口を変えながらも、巧みに生き残り続けているのが闇金という違法業者になります。上限金利付近の利息で営業していたり、ソフト闇金だからといって安心は出来ません。このような比較的ソフトな業者でも、個人情報を知らせてしまうといつの間にかその情報が他の闇金業者の元に売り飛ばされて流されてしまう事があります。その売り飛ばされた個人情報を見た闇金や詐欺業者から連絡などが入ってしまう事があり、更なる二次被害の温床となっているのです。闇金業者はもともと法律を守ろうなんていう気は全く無い違法業者ですから、その営業形態に関しても法律の影響を受けません。そのため様々な種類の営業形態をとっています。中には携帯電話一本を利用者との連絡手段とし、その他の実態を利用者に全くつかませないような闇金業者も存在しています。数々の種類や営業方法・悪質度の違いなどがある闇金ですが、筋金入りの悪質業者であればあるほどその後の事態は深刻化していきます。まず高額な利息の支払いに悩まされる所から始まりますが、闇金業者の多くは利用者がこれ以上の利息の発生を防ぐために完済したり元金を返済しようとしても返済させてくれません。基本的にこのようなスタイルを貫いている闇金では、利用者を完済させる気など毛頭ないのです。利用者からお金を巻き上げるだけ巻き上げた後は嫌がらせや恫喝などで恐怖で支配し、何でも言う事を聞く人間を作り出そうとします。金が絞り取れなくなればもっとタチの悪い業者に債権を売りとばすか、詐欺や犯罪に使うための銀行口座や携帯電話などの名義貸しを強要されたり、犯罪行為に利用されてしまう事も考えられます。しかしこのような事が起こりうる闇の貸金業者であるとわかっていても利用者が絶えないのはどうしてなのでしょうか?これにも様々な理由があります。消費者金融では年収の3分の1までしか借り入れする事が出来ないという法規制の問題であったり、債務整理や長期延滞などでブラックリスト状態になってしまってどこからも借りれない状態になるなども原因の一つとなっています。借金をする際に初めから闇金に借り入れをしてしまう人というのはあまり多くありません。大抵はTVなどで目にする知名度の高い消費者金融か、金利の安い銀行カードローンなどに人が流れていくからです。そのため、闇金のターゲットにされるのは金銭的に非常に困窮しているけれどどこからも借りれない人という事になります。結局そういったタイプの人であっても、実は冷静によく考えてみれば闇金という物騒な違法業者を使わなくても他に問題解決方法があったのではという人達もたくさんいます。闇金に関する知識や危機意識が少なかった人や、お金を借りたい一心で手を出してしまった人、気軽に借りてしまった人などがたくさん闇金の被害に遭っています。そういった人達が悪質な闇金を利用してしまった場合に、思った以上に闇金の利用は過酷だった…。となるのです。一度でも闇金を利用してしまったら問題なのはその先です。支払いを怠れば闇金から嫌がらせや脅しをかけられたりして精神的に追い詰められていく事となります。しかし高額な利息を支払い続ける事はかなり難しいですし、気付けば自分の毎月の生活費まで捻出できない事態となってしまいます。このような状況では到底一人で解決する事は難しくなります。一家総出で立ち向かったとしても非常に難しいでしょう。闇金から絞りに絞り取られているので弁護士に相談する事も出来ないと考える人達もいます。ですが、闇金は先ほど書いたように非常に高額な利息を請求してくる所が多い業者です。どうせひどい取り立てや嫌がらせを受けているのならば、そのお金を闇金に渡さずに分割払いの対応もしてくれている闇金専門の弁護士に相談するのがおすすめです。しっかりと闇金と対峙していけるだけのノウハウと実績を持つ法律事務所に依頼する事さえ出来れば、闇金の借金地獄から脱出する事が出来る上に、嫌がらせをストップさせたり支払った利息を回収する事も可能です。ネットなどで闇金問題を解決できる弁護士を検索すると、アディーレやDuleやウイズユーなどが有名である事がわかりますが、基本的に司法書士ではなく弁護士に依頼をするのが良いでしょう。闇金関連の依頼は普通の借金問題とは異なり、厄介な依頼である事に間違いはありません。大抵の所が普通に債務整理するよりも高い報酬を必要とします。しかし今後ずっと闇金との関係が絶ち切れなくなったり、果ては犯罪の片棒を担がされるかもしれないリスクが生じる位ならば、少々厳しくてももったいなくても、お金で解決した方が良いケースが多いのです。ちなみに闇金の問題を解決してくれる弁護士を見つけたら、まずは闇金に支払った利息を回収する所までやってくれるのかどうかをきちんと確認しましょう。また、その際回収した金額には成功報酬が発生しますが、満額取り戻した場合の事務所の取り分がいくらなのかを金額ではっきり聞くようにしておきましょう。