闇金被害 フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

フィッシング詐欺とは、インターネットの利用者からクレジットカード情報や金融機関のパスワード、その他重要情報をEメールにて偽のサーバーへ誘導され、抜き取られる被害等を言います。

 

よく目にする光景として、インターネットバンクの利用者でがEメールにてセキュリティー強化のためにIDとパスワードの変更を求められ、その後、情報や預金を引き抜かれるということがあります。

 

このケースは、Eメールにて銀行を装って連絡があり、そのメールを開くと本物さながらの銀行ホームページが開き、そこからIDやパスワードを聞き出すような誘導をされ、被害を受けるというものです。

 

インターネット環境や操作に不慣れな人が引っ掛かりやすいと言われており、フィッシング情報で得たIDやパスワードを不正に利用し、不正に融資契約をされたり、クレジットカードによるキャッシングでお金が引き出されるなどの被害が多いです。

 

 

不正に融資契約をされる場合

不正に融資契約をされる場合、取り立てに訪れるのが闇金であることが多く、このケースでは、そもそも闇金のフィッシング詐欺に引っかかっていることになります。

 

一度闇金と契約が結ばれると、どのような方法であったとしても、彼らはお金を回収しに来ます。取り立ての手段を選ばず、時には脅しや暴力、親戚縁者までにもその取り立ては至ります

 

消費者金融の契約で、無理な貸し出しであった場合、過払い請求が可能ですし、無理な取り立てがあった場合、刑事告発により貸金業者に対し重い処分が下されます。

 

法律に触れる貸出は貸金業者にとってリスクが高いので、現在は改正貸金業法に則った健全な貸し出しをするのですが、相手が闇金である以上、このような法律が通用しないです。

 

 

ペナルティーを与えるには

闇でお金を貸し出す以上、実態が掴めず、ペナルティーを与えるにも相手の存在がないと話になりません。闇でお金を貸す業者の実態は、反社会的勢力であることが多く、地下に潜った活動をしているため、取り締まりようがないです。

 

取り立て役などの接触人物も組織のことを知らないお金で雇われた人が多く、万が一接触時に逮捕となっても、違う取り立て役が引き続き取り立てを行い、その間もとてつもない金利が付加されるという、文字通り借金地獄となります。

 

基本的に闇金は取り立てをあきらめることはなく、いかなる手段を使っても回収をします。

 

万が一、このようなトラブルに巻き込まれた場合、弁護士に相談することが良いでしょう。

 

弁護士と言っても誰でも良いわけではありません。弁護士の中でも暴力団やそのた反社会的勢力とのトラブルや詐欺被害のトラブルなどに強い弁護士に相談することが良いでしょう。

 

弁護士でもこのような勢力に恐怖を感じる人も多いです。闇業者に強い弁護士は法律を駆使して、高い経験値にて闇業者と直接対決をします。闇の実態を独自の調査によりあぶりだし、取り立ての中止を求めます。

 

不法な金利を求めていた実態があれば、過払い金の返済も求めます。
報復への対策もしっかりと対応してくれるでしょう。