闇金被害

090金融とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

090金融とは、090からはじまる携帯番号で営業している金融業者のことです。
最近では、080金融とも呼ばれています。

 

正規の金融業者は、固定電話を持っていますので、
090金融は、すなわち闇金のことを指しています。

 

 

携帯電話だけで営業をしている業者が危険な理由

携帯電話だけで営業をしている業者が危険なのは、携帯電話は偽装が容易であるということにあります。固定電話の場合、なにかトラブルがあって警察に連絡をしたら、固定電話だけでも住所と氏名をつきとめてくれます。

 

しかし、携帯電話だけで営業している業者の場合、偽物の住所と氏名を使って登録をしていることが多く、犯人をつき止めるのは簡単ではありません。

 

 

固定電話があれば安心?

もちろん、固定電話をもっているからといって絶対に安心できるというわけではありません。固定電話は工作がしにくいというだけであり、固定電話を用意している闇金業者も存在します。

 

携帯番号だけで営業をしている金融業者は避けるべきであり、固定電話を持っている業者は一定の信頼がありますが、その上できちんと許可をとって営業している業者であるかどうかを確かめましょう。

 

 

闇金に手をだしてはいけないと言われているのは

闇金は違法業者であり、国や都道府県の許可なしで営業していることが、それ自体重大な犯罪行為です。さらに、出資法や利息制限法を超えた金利をとっていることも犯罪です。

 

そのため、警察に連絡をすれば簡単につかまると考えている人がいますが、犯罪組織はそう簡単には捕まりません。闇金はノウハウをもっていますので、警察に捕まらないようなさまざまな工夫をしています。

 

闇金に手をだしてはいけないと言われているのは、警察でも簡単には解決できないことが1つの理由です。警察に被害届を出したら安心できるという問題ではないのです。むしろ、警察に相談をしたことで嫌がらせがエスカレートしてしまうというケースもあります。

 

被害にあった場合、まずは警察に被害届を出すことが重要ですが、その後には専門の弁護士に相談をしましょう。警察は民事不介入の原則があるので、民事の問題には踏み込めませんが、弁護士なら積極的に民事の問題に踏み込んで、問題を解決してくれます。

 

 

闇金の被害にあったときに気をつけること

闇金の被害にあったときに気をつけることは、お金を払ってしまわないことです。

 

例えば、10万円を借りて、利息で50万円を支払ってしまったら、40万円は払いすぎていることになります。違法な業者とかわした契約は無効にできるので、40万円は戻ってきます。

 

しかし、犯罪組織は、いつまでも同じ場所で営業をしていません。しばらくしたら、お店をたたんで行方をくらましてしまいます。

 

弁護士に依頼をしたらお金をとりもどせることはありますが、100%ではありません。払ったお金は戻ってこない可能性が高いと考えて、なるべく支払わないようにして、早い段階で相談をしましょう。

 

お金を払ってしまうと、よいカモだと見られて、ますます関係が切れなくなることもあります。被害を拡大させないためには、お金を支払わないという態度をとって、すぐに弁護士の力を借りることが重要です。