闇金被害 買取屋

買取屋とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

貸金業界で最も分かりやすい違法業者として真っ先に連想されるのは闇金でしょう。

 

闇金は法律で認められている以上の金利で利息を請求するためにリスクが大きいということが分かりやすく、そのために最近では利用者が減っています。もちろんこれは良い傾向ですが、闇金業者からするとたまったものではないでしょう。

 

そうした中で近年被害者の数が増えつつあるのが「買取屋」です。

 

 

買取屋とは何か

ではこの買取屋とは何かと言うと、これはクレジットカードを用いて間接的に融資をするタイプの業者です。

 

取り扱う商品は買取屋によって多少の違いがありますがおおよその場合は換金率の良い高額な最新家電製品や金券といったもので、こうした商品を一旦融資希望者にクレジットカードで購入させてから買取屋はそれを買い取る形になります。

 

例えばある融資希望者が30万円分の家電を量販店で買って、それをさらに買取屋が20万円で買い取るというようにすると、融資希望者は間接的に20万円を借りられた形になるわけです。

 

クレジットカードが普及した現在においては利用しやすい存在であり、また仕組み自体もわかりやすいために利用をする人が多く、またトラブルにも繋がってしまっているわけです。

 

 

買取屋の何が問題なのか

それではこの買取屋の何が問題なのかと言うと、まず挙げられるのが間接的な融資とは言え極めて高利であることです。

 

例えば先ほど挙げた20万円を融資するケースだと、融資希望者は20万円を得ることが出来たとしても後日には使用したクレジットカードで30万円分の支払いをしなくてはなりません。

 

加えてそうした高額な買い物を買取屋を利用するような状態の人がするとなると分割払いになるでしょうから、そこではクレジットカード会社の金利も発生します。

 

そうなると30万円+αの支払いをしなくてはならず、結局法律で認められている以上の金利を払ってお金を借りているのと何も変わらなくなってしまうのです。

 

 

換金目的での使用は禁止?

さらに問題なのが、こうした使い方をクレジットカード会社は想定していないことです。そうした使われ方をすることを全く考えていないわけではないのですが認めていることもありませんから、規約では間違いなく換金目的での使用を禁止しています。

 

禁止していることを契約者が行うわけですから、それが明らかになった場合には契約の強制解除や残債の一括支払い要請などが来る可能性があり、債務者は極めて深刻な状態に追いやられてしまうわけです。

 

加えてこうした買取屋の手口は法律に照らし合わせると詐欺罪になる可能性があります。もし詐欺罪になってしまった場合には詐欺罪の共犯者として利用者側が罰せられることもあり得ますから、この点でもリスクが大きいと言えるでしょう。

 

もしこうした買取屋を利用して債務問題を引き起こしてしまった場合、なるべく早期に弁護士への相談が必要になります。

 

買取屋が逮捕されて詐欺の犯人として立件されれば利用者も被害者として扱ってもらえる可能性がありますし、そうでなかったとしても債務整理のなどの方法で対処することは可能です。

 

お金を借りられるのは闇金ばかりではありませんが、危険なのも闇金ばかりではない、このことはしっかり覚えておきましょう。