闇金被害

車リース金融とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

車リース金融とは、一度車を買取って金銭を一度支払い、
その後、車をリースするという形式を利用した
実質違法な高金利での金銭貸し付けの事を言います。

 

 

貸し付け金利を定める利息制限法

現在一般的な金銭の貸し付け金利を定める法律である利息制限法があります。その場合の上限金利は、10万までは20パーセントまで・100万までは18パーセントまで・それ以上の金額は15パーセントまでの金利上限が定められています。

 

この上限金利を超える場合には、場合によっては、行政処分・刑事処分になります。

 

車リース金融というのは、車を一度買取りその後リースをするという形式をとる事により、利息制限法の適用を免れようとする考えの実質の高金利の金銭の貸し付けになります。

 

 

車リース金融の手口

車リース金融の手口は、まず、広告やチラシで「お金に困っている人は必見。車を担保に即日に融資します。車は今まで通り使用したままで構いません」等のフレーズを使い、お金に困った人からの連絡を誘います。

 

その後、申込時に免許証・実印・車検証・その他を提出させて一度車を買い取ります。買取金額も悪質な場合には、相場より大分安い金額での買取りを行います。

 

その場合に、巧みに、この買取り金額は今回だけの特別買取り価格等と嘘を言い言葉巧みに買取りを成立させます。この場合に、嘘を言った場合には、詐欺罪になる場合もありますし、脅迫・強要行為を言った場合にも罪になります。

 

 

詐欺の場合とは

詐欺の場合には、積極的に欺罔行為を行う以外にも、重要な事を秘匿し他の言動と相まって騙した場合も詐欺行為です。

 

また、買取りの際の情報は、売買される事があります。車の買取りという法的な契約行為が済んだ後は、その車をリースという名目でそのままその車をいつも通りに使用させます。

 

その場合の車のリース料も常識を疑うリース料の請求をされる場合があります。この場合に、車を30万で買取り、リース料を月5万とした場合に、年間リース料は60万になります。

 

金利換算すると年利200パーセントになります。年利200パーセントというと刑事事件対象になります。違法中の違法金利です。

 

更に、そのリース料の支払いが滞おり、リース料がどんな手段(他の金融機関で借りさせる・親族に借りさせる・会社の人に借りさせる・不動産を売却させるその他の財産物を売却させる等)でもリース料が払えない場合になると、その車を取り上げられ(リース期間終了という事で)、場合によっては、違約金名目で更に金銭を要求されます。

 

この様な悪質な利息制限法をかいくぐった違法な手段ともとれる金銭の搾取は犯罪になる場合があります。

 

その場合には、払う必要がないばかりか、弁護士に相談すれば、すでに払った金銭の返還が行えたり、更に、当該契約においてなんらかの損害が出た場合には損害賠償請求が行える場合があります。

 

弁護士には、専門があるので、当該事案の場合には、当該事案解決に強い闇金専門弁護士に相談・依頼すると、決して低い確率でない可能性で救済される場合があります。