闇金被害 虚偽請求

虚偽請求とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

虚偽請求という言葉は、事実がないのに嘘をついて、
本当のことのように偽物の話を作り上げ、
金品を請求するといったものに対して使われています。

 

一般的には架空請求や不当請求などといわれることが多くなっています。

 

 

虚偽請求が発生する例

事実ではない虚偽請求が発生する例として見られるのが、闇金を相手とするものです。闇金とは貸金業法の法律を守らず、また金融庁に貸金業者として登録されていない業者が該当します。

 

違法にお金を貸していることから、まともな取引をしてくれません。法外な金利を設定して多額の利息を請求したり、しつこい取り立てを行うといった特徴を持っています。

 

闇金からの虚偽請求というのは少し複雑なものであり、実際に連絡を取り合ってお金を借りた人でなければ、請求されないことが多くなっています。
もし、このような違法業者にお金を借りた覚えがないのに、虚偽請求の連絡があったというのなら、身内や知り合いで闇金からお金を借りた人がいる可能性があります。

 

 

相談を断られるケース

闇金は普通の相手ではありませんので、嫌がらせを受けているのなら、早めに弁護士に相談してみましょう。ただし、全ての弁護士が違法業者を相手にしてくれるとは限りません。

 

面倒な相手であることから、断られるケースも見られます。そこで利用したいのが、闇金を専門に取り扱っている弁護士がいる法律事務所です。専門的な知識と実績を持っていますので、普通の法律事務所よりも頼りになります。

 

無料相談に応じてくれる法律事務所がたくさん存在しますから、気軽に電話で問い合わせてみましょう。いきなり電話をする勇気がないなら、メールでも受け付けてくれるところがあります。

 

できるなら実際に闇金を利用してしまった本人が相談するのが一番だといえます。放置したままだといつまでもしつこく取り立ての連絡がきたり、他の知人や身内にも迷惑をかける危険が増します。

 

 

返済する義務がないという法律

違法業者からお金を借りた場合、返済する義務がないという法律があります。弁護士はそのことをよく知っていますので、頼りにしてみましょう。

 

実際に依頼をすると、直ちに取り立てを停止してくれます。その後は違法業者と弁護士が直接話し合いをしますので、依頼した本人が相手と連絡をとりあう必要などありません。

 

気をつけたいのが、法律事務所によっては被害金額が多くないと依頼を受け付けないパターンがあることです。

 

信頼できる法律事務所であれば、極めて少額の被害額でも、依頼を受けてくれます。金銭的な余裕がない人でも依頼しやすいよう、後払いや分割払いで報酬を支払えることがありますので、契約前に支払い方法について問い合わせてみるとよいでしょう。

 

違法業者からの被害を防ぐ方法として最も有効なのが、甘い誘いに乗らないことです。

 

審査が不要、無職でもお金を借りられるといったものや、携帯電話のみの連絡先の業者は非常に危険です。絶対に連絡をとらないようにしましょう。また、知り合いや身内とも、違法業者の手口や被害例などをよく話し合っておくと、未然に防ぐことができます。