闇金被害 貸します詐欺

貸します詐欺とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

闇金とはそもそもどのような金貸しかのことでしょうか。
それとは、貸金業法と定める年率20%を
超える利率で貸す金貸しのことです。

 

その金貸しのことを闇金といいます。

 

 

まずは弁護士の先生との相談

この闇金に関しては返済の義務もなければ、払ってしまったお金に関しても返還請求することが可能です。しかし、一方的に金を借りている人物が行うことができることではありません。

 

そのため、まずは弁護士の先生との相談をしてみましょう。弁護士の先生により、法律的な手段をとってもらいそののちに正規な方法で返還請求をしてみましょう。

 

しかし、まあ、闇金からの返金はないでしょう。しかし、この返還請求を行うことで、基本的な取り立てあなくなると思います。弁護士の先生がたがたがまた出てくることになりますから。

 

 

暴力団が資金源になっている?

そもそも闇金をしている時点で、何らかの相手の理由もあるはずです。でなければ、そのような法律に抵触するような、危険な行為はしないはずです。そもそも法律の及ばない、暴力団が資金源になっているものもありますが。

 

そういったところですら、警察から目をつけられて、自分の親分の逮捕などという自体にはなりたくないはずです。ですので、基本的に弁護士の先生に頼めば解決することができます。

 

なので、一度でいいので、相談をしてみましょう。

 

時間がないのであれば最近ではフリーダイヤルで弁護士の先生と相談できる場合もあります。そういった機関を有効活用していきましょう。そうすれば、普通に頼むよりも格安の金額で相談もできますし、それ以上の取り立てに関してもなくなる場合がありますから。

 

また、闇金以外の借金(サラ金などの借金)が相当な金額になっている人に関しても一度相談してみましょう。そうすることで、ほかの金融機関からの借金にはなりますが、暴利な借金地獄からは救われることになります。

 

 

それでもどうしようもない場合は

それでもどうしようもない場合は自己破産の手続きをとることも可能です。自己破産の手続きに関してもやり方が絶対にあるはずです。

 

でも、その方法って皆さんは知らないはずです。それが普通の素人である一般人であるからです。なので、専門家である人に相談することが需要です。まずは、相談です。相談しなければ行動をしても無意味になってしまいます。

 

手続きには必ず順番があります。その順番を守らなければその行為自体が無意味になってしまいます。なので、まずは順番を聞くことが必要です。その上でどのような行動を起こせばいいのか聞けばいいのですから。

 

苦しんでいるのであれば、まずは一人で苦しまない勇気が必要です。一人で苦しんでいても何も解決にはなりません。解決方法は他人が何らかの形で持っているはずです。

 

決して、その悩みを相談することは恥ずかしいことでも何でもありません。人間の当然の行動です。まずは、話すことが必要です。恥ずかしいなんて思わないでください。恥ずかしいとか後ろめたい気持ちがあると話せば楽になると思っていても話せませんよ。