闇金被害 紹介屋

紹介屋による詐欺とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

紹介屋による詐欺と言う詐欺行為があります。
当該詐欺の手口としては、
普通の金銭貸し付け業者を名乗って貸し付けの募集を募ります。

 

いったいどんな手口なのでしょうか。

 

 

貸し付けの募集の方法

募集方法としては、広告や週刊誌等に掲載して募集をしたりしますが、その募集が全くの嘘の内容で募集をかける事があります。

 

募集内容はあまりに条件が良い場合には疑われるのでそこそこの条件で募集したり、広告等に芸能人の名前や写真を無断で掲載したりします(もちろんいけない行為です)。

 

酷い場合だと、大手金融機関の広告の一部を変えて大手の看板を利用したりする場合もあります。その嘘の広告等を見てお金に困っている人が電話をかけてきて、喫茶店等の適当な場所で接触します。

 

昔は信用させる為に、ダミーの事務所を借りてそこで商談していましたが、現在ではその様なダミー事務所を持たずに、携帯一本で、適当な喫茶店等で商談したりします。

 

なぜかというと、ダミー事務所を持ってしまうと、移住地が特定されてしまい、逮捕される危険性が高くなるからです。また、携帯の普及もダミー事務所を持たなくなった理由の一つです。

 

このようなダミー事務所を持たない違法金銭貸し付け業者を090金融と現在では言っています。

 

 

依頼者の様子を観察

喫茶店で接触する際に依頼者の様子を観察します。紹介屋による詐欺行為は当然犯罪行為なので、騙されやすそうかを見ます。騙されやすそうな人は、真面目な人等で責任感が強そうで、借りた金は責任をもって返還してくれそうな人等です。

 

騙されやすそうだと判断した後は、その人と接触して、普通の感じで金銭の貸し付け契約の審査を行います(もちろん金銭を広告の募集の内要で貸す気はないです)。

 

その際に、氏名・住所・家族構成・連絡先・借金の有無・勤務先等の個人情報を取ります(後でこの情報を脅しの手段に利用したり、名簿屋に情報を売ったり・同業者に情報を売ったりします)。

 

 

形式的な審査の後は・・・

形式的な審査を行って、審査の結果自分の所では金銭を貸し付けする事できないと伝え、一度困窮者を心理を落とし込みます。その後、間を置き、そこまで悩んでいるのであれば自分が知っている金融業者を紹介してあげます。

 

その代りに、紹介料を貰いますという交渉を行います。

 

その後に、自分の詐欺組織の一員や他の結託している違法金利での金銭貸し付け業者に、形式的な紹介行為を行い、紹介料をだまし取るというのが、紹介屋による詐欺行為になります。

 

この様な詐欺を行う業者から金銭を借りないのが一番ですが、この様な業者は悪質な業者の場合が多く、最初に取った詐欺被害者の個人情報を利用して、嫌がらせを含めた執拗な取り立て行為を行う場合があります。

 

自分で解決できればそれにこした事はないですが、自分で解決できない場合には、闇金専門の弁護士に当該問題の解決を依頼した方が得策です。

 

このような紹介屋による詐欺を行う業者と闇金業者は似たような存在の事が多く、対象方法も似ている部分もあります。当該問題で困った場合には、当該問題の専門家である闇金専門弁護士に一度相談すると良いです。