闇金被害 債務の整理屋

債務の整理屋とは?被害相談は闇金専門の弁護士にしましょう

闇金、被害、逃げる

消費者金融などの貸金業者は、その営業をするにあたってのルールが法律によって事細かに定められています。

 

貸金業者は登録制となっており無許可での営業は法律で禁じられていますから、仮に法律で定められているルールを違反して営業を行った場合には貸金業としての営業をすることができなくなってしまいます。

 

 

法律で定められたルール

貸金業者が守らなくてはならないルールのひとつとして消費者に貸付を行う際の金利の上限がありますが、このようなルールが法律で定められているからこそ私たち消費者は安心してお金を借りることができるようになっているのです。

 

しかしながら、日本には貸金業として営業を許可されていない金融業者というものも存在しています。

 

このような金融業者のことを闇金と呼ぶのですが、このタイプの金融業者は本来であれば貸金業者として営業できないはずの業者なので、当然のことながら法律に従って営業をしようという気持ちは持ち合わせてはいません。

 

法外な利息の請求や法律では認められていない悪質な取立てなどを平然と行なっているのです。

 

 

消費者ができる自衛手段

闇金の被害に遭わないために消費者ができる自衛手段として一番大事なことは、闇金業者からお金を借りないということです。一度でも関わりを持ってしまうと完全に手を切るのが困難な状況に陥ってしまうからです。

 

急にお金が必要になったときなどに「すぐに融資が可能」といった言葉につられてお金を借りないように心掛けることが非常に重要になってきます。

 

万が一、闇金からお金を借りてしまった場合、確実に法外な利息を請求されることになり、ほとんどの人は利息の支払いだけで手一杯なことがほとんどです。

 

本来であれば、法律で定められている利息の上限を超える利息は支払う必要はありませんし、貸金業として無許可で営業をしている金融業者に借りたお金を返済する必要もありません。

 

ただし、闇金業者という存在は闇社会の人間が行なっているケースがほとんどで、借りたお金の返済や利息の支払いを執拗に迫ってきます。最悪の場合自宅に取立てがやってきたり、職場に取立てがやってくることもあり日常生活に支障が及んでしまうケースも多々あります。

 

 

債務の整理屋の実態

闇金の返済が滞ってしまったようなケースでは、ある日突然、債務の整理屋といった存在が登場してくる可能性があります。

 

この債務の整理屋とは消費者に代わって借金を整理するという宣伝文句で、借金に苦しんでいる人から手数料名目でお金を騙し取る業者のことを指しますが、甘い言葉につられて手数料を払ってしまうのは危険です。

 

ほとんどの整理屋と呼ばれる存在ははじめから借金を整理するつもりもなく、ただ金銭目的で消費者を騙していることが多いからです。

 

そのため、悪質な金融業者からお金を借りてしまい、法外な利息の請求や執拗な借金の取立てなどの被害に遭ってしまったときには整理屋に頼むのではなく、法律の専門知識に長けて経験豊富な弁護士へ依頼をするようにしましょう。